×
NEWS / EXHIBITION - 2017.9.17

身近なパッケージの隠された工夫を再発見。「現代日本のパッケージ 2017」展

印刷博物館で、3つのパッケージコンクールの受賞作を紹介する「現代日本のパッケージ 2017」展が開催される。会期は9月23日〜11月26日。

亀の子スポンジ 亀の子束子西尾商店 ad,d. 菊地敦己 日本パッケージデザイン大賞2017大賞

 もっとも身近な印刷物とも言えるパッケージ。技術、デザインともに日々工夫がなされ、あらゆる人に使いやすいユニバーサルデザインや、地球環境に配慮した簡易包装や包装材の開発など、多くの課題に対して様々な努力がなされている。

 本展では、商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う「ジャパンパッケージングコンペティション」、デザインからロジスティクスまでが対象となる「日本パッケージングコンテスト」、パッケージデザインのプロフェッショナルが作品の創造性を競う「日本パッケージデザイン大賞」という3つのコンクールの今年度の受賞作を展示。

 普段の生活のなかではわかりづらいパッケージの創意工夫を、受賞作を通じて深く知ることができる。

ザ・プレミアム・モルツ 美麗インテリアカートン サントリー 第56回ジャパンパッケージングコンペティション
経済産業大臣賞

information

「現代日本のパッケージ2017」展

会期:2017年9月23日〜11月26日
会場:印刷博物館 P&Pギャラリー
住所:東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
電話番号:03-5840-2300
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月(10月9日は開館)、10月10日
料金:無料

event

講演会「受賞作品を語る」

日時:2017年11月5日 15:00~16:30
会場 : 印刷博物館 グーテンベルクルーム
モデレーター:加藤芳夫(公益社団法人日本パッケージデザイン協会理事長)、菊地敦己(グラフィックデザイナー、アートディレクター)、東海林小百合(アートディレクター、パッケージ/グラフィックデザイナー)、酒井和家(公益社団法人日本包装技術協会 包装技術研究所 所長)
定員 : 80名 ※事前申込制

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします