×
NEWS / PROMOTION - 2017.9.5

軽井沢ニューアートミュージアムで神木佐知子が提示する「魂の休息」

2017年春に女子美術大学大学院博士課程を修了したばかりの画家・神木佐知子が、修了後初にして美術館での初個展に挑む。紙飛行機や窓などの記号が並ぶ作品で神木は何を提示するのか?

神木佐知子 永遠のかくれんぼ 2017

 神木佐知子は東京都生まれ。2017年3月に女子美術大学大学院洋画専攻博士前期課程を修了した。これまで「Coil展 no.7」(2016、銀座ギャラリーK)や「ふたつ節句」(2016、原宿デザインフェスタギャラリー)などのグループ展では作品を発表してきた。本展は神木にとって修了後初の個展であり、美術館での初個展ともなる。

神木佐知子 失楽園 2017

 これまで神木は作中において窓や植物などのモチーフを反復させるように描いてきた。暖かみを持ちながらも、どこか不穏な空気を醸し出す作品たち。神木は作品制作において、膨大な情報が錯綜する現代社会に対する疑問が呈しているのだという。「(目新しいものがいっぱいの世の中で)従来のアートで何ができるのだろう。私にしかできないことを、画面の中で表現し留めていけたらと願う」。

 すべて新作で構成された個展で、神木は鑑賞者それぞれが立ち止まり、己を見つめ直す機会を提示する。

神木佐知子 赤い鳥 2017

information

神木佐知子展

会期:2017年9月6日〜10月1日
会場:軽井沢ニューアートミュージアム1F Gallery 2
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
電話番号:0267- 46-8691
開館時間:10:00〜18:00(10月〜17:00)
休館:火
料金:無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします