×
NEWS / EXHIBITION - 2017.4.14

絵具そのものの美しさを探求。
今村文と森田晶子が2人展

東京・恵比寿のWAITINGROOMで、愛知県を拠点に活動する2人のペインター・今村文と森田晶子の展覧会が開催される。会期は4月22日〜5月21日。

今村文 PQRST6 2017年 水彩、コラージュ 100.5 x 76.4 cm ©︎ Fumi IMAMURA, courtesy of WAITINGROOM

 今村文と森田晶子は、ともに愛知県を拠点に活動するペインター。それぞれ異なる特徴的な手法で制作しながらも、絵画に対する共通の感覚を持つ2人が、東京で展覧会を開催する。

 今村文は、着色した蜜蝋を溶かしてパネルへ定着させる蜜蝋画の手法で、植物をモチーフとした作品を制作。昨年は、あいちトリエンナーレ2016にも参加した。

 一方、陶芸や映像などを学んだバックグラウンドを持つ森田晶子は、アクリル絵具で着彩した後、厚塗りした油絵具を引っ掻いてモチーフを描き、その上に再度着色して仕上げるという手法を用いる。

 今回のコラボレーションは、鉱物・植物・虫といった自然のものに由来する、絵具そのものの美しさや強さに重きを置く2人が出会い、実現した。

 今村は新旧織り交ぜたペインティングとドローイング、森田は全新作のペインティングを展示。5月6日からは、名古屋のエビスアートラボでも2人展「紋のかたまり」が同時開催される。

information

今村文・森田晶子
「撫でていかなければならない」

会期:2017年4月22日〜5月21日
会場:WAITINGROOM
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-11渋谷百貨ビル3F
電話番号:03-3476-1010
営業時間:水~土 12:00~19:00、日 12:00~18:00
定休日:月、火、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします