×
NEWS / HEADLINE - 2016.10.27

MoMA、ドコモのEmoji(絵文字)をコレクションに収蔵

ニューヨーク近代美術館(MoMA)は27日、NTT DOCOMOが開発した絵文字176種を同館のコレクションに収蔵したと発表した。

Shigetaka Kurita Emoji (original set of 176) 1999 Digital image Gift of NTT DOCOMO, Inc. © 2016 NTT DOCOMO

 この絵文字はNTT DOCOMOが1999年に携帯電話に導入したもの。絵文字は現在「Emoji」として、世界中で受け入れられており、今回の収蔵品はその原点とも言える。開発は95年にNTTドコモに入社した栗田穣崇の監修のもと行われた。栗田は「iモード」生みの親としても知られている。

 この絵文字についてMoMAは、「新たな視覚言語発展の種」としており、「クローバルなデジタルコミュケーションの新しいかたちとして急速に広まった」と評価。同館では今年12月に、この絵文字をフィーチャーしたインスタレーションを展開する予定だという。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします