NEWS / HEADLINE - 2020.2.29

休館中の展覧会をネットで配信。ドワンゴが「ニコニコ美術館」を無償提供へ

新型コロナウィルスの感染拡大により、休館が相次ぐ美術館や博物館。この事態を受けてドワンゴは、展示をネットで番組配信する「ニコニコ美術館」のサービスを、休館中の美術館に対し無償で実施する方針を発表した。

ニコニコ美術館ロゴマーク

 新型コロナウィルスの感染拡大による政府の自粛要請を受け、休館が相次ぐ全国の美術館・博物館。この事態を受けて株式会社ドワンゴが、展覧会の展示をネットで配信するサービス 「ニコニコ美術館」を、休館中の館に対して、無償で実施する方針を発表した。

 「ニコニコ美術館」は、全国の美術館の展示会場内を、専門家等による解説つきで練り歩く生放送番組。これまでに、日本政治思想史の研究者・原武史と、研究員・河野正訓の解説つきで辿る「出雲と大和」(東京国立博物館)や、国際日本文化研究センター教授の大塚英志が解説する「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」(京都文化博物館)といった内容の番組を配信してきた。

 番組制作•配信費用はすべてドワンゴが負担するとしており、以下のように呼びかけている。「『直接入館できなくても、多くの人に展示を楽しんでもらえないか』と悩まれている全国の美術館、展覧会主催の皆様、ニコニコ美術館がご一緒できることはないか、ぜひ一緒に考えさせて頂けませんでしょうか?」。詳細はウェブサイトより確認できる。