NEWS / HEADLINE - 2019.8.6

「法的対抗手段も検討」。「表現の不自由展・その後」実行委員会が展示再開を要請

8月3日に展示が中止となったあいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」に関し、同展実行委員会が大村秀章愛知知事宛ての公開質問状を提出。展示再開を要請するとともに、法的対抗手段も検討していることを明らかにした。

 

引用:「表現の不自由展・その後」公式サイト(https://censorship.social/)より

 安全上の理由によって8月3日で展示が中止となった、あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」。この実行委員会が、大村秀章愛知県知事宛の公開質問状を発表した。

>>展示中止に関わる出来事の時系列はこちら

 文書の中で同委員会は、トリエンナーレ事務局が電話などでの抗議を受けたことに「心を痛め、ともに打開策を模索してきました」としながら、開始から3日で中止の決断に至ったことに対し「到底信じられません」と批判。

 同展の展示中止決定は、トリエンナーレ側の独断だったが、これについても「一方的な通告」であり、「疑義があれば誠実に協議して解決を図るという契約書の趣旨にも反する行為」だとしている。

 加えて、主催者側が展示中止を決めたことに関して「現代日本の表現の不自由状況を考えるという企画をその主催者が自ら弾圧することは、歴史的暴挙」と強く批判する内容となっている。

 また同委員会は会期末までの展示の継続を要望するとともに、中止決定に対しては法的対抗手段も検討していることを明かした。

 なお朝日新聞よると、同委員会は中止を判断した具体的な理由や経緯などについて、10日までに文書で回答するよう求めたという。