NEWS / HEADLINE - 2019.3.12

KAWSによる巨大な彫刻が香港のビクトリア・ハーバーに出現。「KAWS: HOLIDAY」プロジェクトの最新作をチェック

KAWSが手がける代表キャラクターのひとつ「コンパニオン」の巨大版を都市に出現させ、これまでソウルと台北で話題となった「KAWS: HOLIDAY」プロジェクト。その最新作が、3月22日〜31日に香港のビクトリア・ハーバーに登場する。

展示風景 Courtesy of AllRightsReserved

 アート・バーゼル香港の開幕前、KAWSによる巨大な彫刻が、香港のビクトリア・ハーバーに出現する。

 「KAWS: HOLIDAY」プロジェクトの最新作である本作は、香港を拠点とするクリエイティブスタジオ「AllRightsReserved(ARR)」と共同制作するもので、「香港アートマンス」の一部となる。同シリーズはこれまでソウルと台北で展示され、大きな注目を集めていた。

今年1月に台北に出現した同プロジェクトの作品 Courtesy of AllRightsReserved

 長さ37メートルの本作は、KAWSの代表的なキャラクター「コンパニオン」をモチーフに制作されるもの。これは、横たわる作品としては、KAWSにとって過去最大となる彫刻作品だ。3月22日〜31日に、香港・ビクトリア・ハーバーの水面に浮かび、中西区海浜長廊(中環段)から見ることができる。

香港で行われたテスト展示の様子 Courtesy of AllRightsReserved

 香港政府観光局理事長のアンソニー・ラウは、次のように述べている。「3月は香港で開催される毎年恒例の『アートマンス』で、世界中から芸術愛好家が集まります。『KAWS: HOLIDAY』が今月ビクトリア・ハーバーにやってきて、アートを愛する観光客に新しい経験をもたらすことを、私たちはとてもうれしく思います。『アートマンス』のハイライトのひとつとして、本作は確実に世界から注目を高め、国際的なアートの中心地としての香港のイメージを強化するでしょう」。

 また、バストイ、フローティングベッド、Tシャツ、クッション、トートバッグを含む同シリーズの限定グッズも3月22日より販売される。

限定グッズ Courtesy of AllRightsReserved