NEWS / HEADLINE - 2018.9.27

美術史上最大の謎のひとつ。ギュスターヴ・クールベ《世界の起源》モデルの正体が判明か

19世紀のもっともスキャンダラスな絵画、ギュスターヴ・クールベの《世界の起源》で描かれたモデルの正体が明らかになった。

ギュスターヴ・クールベ 世界の起源 出典=ウィキメディア・コモンズ

 美術史上最大の謎のひとつが解決されたかもしれない。19世紀のもっともスキャンダラスな絵画、ギュスターヴ・クールベの《世界の起源》(1866)で描写されたモデルの正体が、ついに明らかになったという。

 本作は、女性器に焦点を当てた胴体部分のみを描いているため、モデルを識別するのは極めて困難なこととされていた。しかし、APF通信によると、フランス文学者、クロード・ショップによる最近の研究により、バレエダンサーのコンスタンス・ケニオウが本作のモデルであることがほぼ確実だという。

 何十年もの間、本作のモデルは、クールベの恋人、ジョアンナ・ハイファナンと考えられていた。しかし、本作で描かれた暗い陰毛がハイファナンの赤毛に一致していないことに疑問が残されていた。

 いっぽう、ケニオウが「美しい黒眉」を持つということがある文章に残されている。また、本作が描かれた1866年の夏、オスマン帝国の外交官、ハリル・シェリフ・パシャがクールベに絵を依頼。そのパシャの愛人こそ、ケニオウであったという。