AdvertisementAdvertisement
2023.12.6

「ゴッホ・アライブ」展がついに東京上陸。ゴッホの作品世界に没入する体験を

2024年1月6日〜3月31日の期間、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルで没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」が開催される。展示室内の壁や床にゴッホ作品の画像が複数のプロジェクターによって映し出される。

展示風景より
前へ
次へ

 これまで99都市を巡回し、900万人以上を動員している没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」。世界100都市目の開催地として、いよいよ東京に上陸する。

 2024年1月6日〜3月31日の期間、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルで開催される同展。真っ暗な広い展示室に設置された大壁と床などに大迫力の“ゴッホ”が投影される。まるで自分が作品に溶け込んでいくかのような感覚を体験することができる。

展示風景より

 オーストラリアの企画会社「グランデ・エクスペリエンセズ」がプロデュースした本展は、最新技術のマルチチャンネル・モーショングラフィックスと映画館品質のサラウンド音響、そして高精細のプロジェクターを組み合わせている。圧巻の展示空間では、体を包み込むような迫力のクラシック音楽が流れるなか、ゴッホ作品の3000以上の画像が展示室のあらゆる場所に最大40台のプロジェクターによって映し出される。

 展示室はすべて写真・動画の撮影が可能。会期中にはオリジナルステッカーのプレゼント(1月のみ)も実施され、同展とコラボレーションしたメニューも会場すぐの「WHAT CAFE」で楽しむことができる。