AdvertisementAdvertisement
2023.11.27

建築家・陶芸家の奈良祐希のデビュー作「Node Kanazawa」が公開。こけら落としの展覧会も開催

陶芸家・建築家として活動する奈良祐希の建築第1作「Node Kanazawa」。この石川県金沢市の問屋町の建築で、ヴィスト株式会社・会長で投資家の奥山純一のコレクション展がこけら落としとして開催される。会期は12月1日~2024年3月30日。

Node Kanazawa
前へ
次へ

 陶芸家・建築家として活動する奈良祐希の第1作「Node Kanazawa」。この石川県金沢市の問屋町の建築で、ヴィスト株式会社・会長で投資家の奥山純一のコレクション展「OKUYAMA COLLECTION展」が開催される。会期は12月1日~2024年3月30日。

Node Kanazawa

 奈良は1989 年金沢市生まれ。茶陶の名窯「大樋焼」の次期12代目当主であり、東京藝術大学で建築、多治見市陶磁器意匠研究所で陶芸を学び、東京藝術大学大学院修了後に北川原温のもとで学んだのちに独立。2021年に「EARTHEN」を設立した。第33回AACA賞では史上最年少でAACA賞芦原義信賞(新人賞)を受賞している。

奈良祐希

 奈良のデビュー作となったNode Kanazawaは、注文住宅や商業施設の設計、施工、販売などを手がける株式会社家元の本社機能とともに、1階にカフェレストランやギャラリーが入居する建築だ。日陰の創出によるヒートアイランド現象の緩和を企図した「緑のミチ」 を建築内に設け、この緑道はパブリックスペースとなっている。いっぽう 「緑のミチ」 に正対する「街のミチ」は、都市街路の延長として機能。建築中心部に配置され、多様なコミュニティの創出に寄与している。

Node Kanazawa

  本建築のこけら落としとして、ヴィスト株式会社・会長で投資家の奥山純一のコレクションを展示する「OKUYAMA COLLECTION展」が開催される。奈良のほか、三島喜美代、平子雄一、名和晃平、舘鼻則孝、熊野海らの作品が展示される予定だ。

奈良祐希の作品