AdvertisementAdvertisement
2022.2.22

チームラボが北京にミュージアム「チームラボマスレス 北京」をオープン。約1万平米の空間に40点以上の作品を展示

チームラボが北京に新たなミュージアム「チームラボマスレス 北京」(teamLab Massless Beijing)をオープンさせる。床面積約1万平米の空間に40点以上の作品を展示する予定だ。

チームラボ 質量のない雲、彫刻と生命の間 2020 インスタレーション Sound by teamLab
前へ
次へ

 今年、チームラボが北京に新たなミュージアム「チームラボマスレス 北京」(teamLab Massless Beijing)を開館する。

 ミュージアムは北京ジョイシティの最上階に常設。床面積は約1万平米、天井高は約11メートルの大型施設で、40点以上のチームラボの作品を展示する。

 展示作品のひとつ、《質量のない雲、彫刻と生命の間》は雲のような白い塊が空間に浮かぶインスタレーションで、来場者が物理的に雲の中に入ることが可能となる作品だ。

チームラボ 質量のない雲、彫刻と生命の間 2020 インスタレーション Sound by teamLab

 そのほか、400台のレーザーを用いた、光の平面の集合体で立体物を構築する「Light Sculpture - Plane」シリーズや、無数の光の球体群と闇の球体群によって構成された初公開作品《質量のない太陽と闇の球体群》を展示。

チームラボ 「Light Sculpture - Plane」シリーズ 《Cube》 2020 Sound by Hideaki Takahashi
チームラボ 質量のない太陽と闇の球体群 

 また、高低差のある「ふわふわな地形」のうえを歩く《ふわふわな地形のつぶつぶの地層》や、運動空間「運動の森」や、共同的な創造性をコンセプトにした教育プロジェクト「未来の遊園地」なども展示される。

チームラボ ふわふわな地形のつぶつぶの地層 2020 デジタルインスタレーション Sound by teamLab

 なお、同じフロアには、ユーレンス現代美術センター(UCCA Center for Contemporary Ary)による新たなギャラリー「U2 by UCCA」(通称:U2)もオープンする。