AdvertisementAdvertisement
2021.7.15

松本大洋、浅野いにお、石塚真一、大童澄瞳ら20名のマンガ家が東京を描く。「漫画『もしも東京』展」が東京都現代美術館で開催へ

昨年開催予定だったものの、新型コロナの影響で延期となっていた「漫画『もしも東京』展」が、8月4日から9月5日まで東京都現代美術館で開催されることとなった。

『Tokyo Sound』より (C)石塚真一
前へ
次へ

 昨年夏に開催予定だったものの、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた漫画「もしも東京」展。その新たな会期が決定した。8月4日から9月5日まで、東京都現代美術館で開催される。

メインビジュアル

 この展覧会は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催する「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」のひとつ。『ピンポン』『Sunny』で知られる松本大洋や、『ソラニン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の浅野いにお、『岳 -みんなの山-』『BLUE GIANT』の石塚真一をはじめ、日本を代表する20名のマンガ家たちが“東京”をテーマに描き下ろした20の作品を展示するというものだ。

『TP』より ©浅野いにお

 マンガ家が制作した20点の「もしも東京」作品は、“読む東京、歩く漫画”をコンセプトに、東京都現代美術館の地下2階講堂や中庭、館内のパブリックスペースなどで展示。点在する展示作品を巡るように鑑賞するというこれまでにないマンガ展となる。

『東京の青猫』より ©松本大洋

 地下2階講堂では、松本大洋の『東京の青猫』、浅野いにおの『TP』をはじめ、18の小部屋の一つひとつが、マンガ家の描いた「もしも東京」の世界となる。また中庭の壁面には、石塚真一の巨大な1コママンガ作品『Tokyo Sound』が展示。水の敷かれた屋外スペースでは、大童澄瞳の『East East』が展示される。

『East East』より ©大童澄瞳

 なお参加作家一覧は次の通り。浅野いにお、安倍夜郎、石黒正数、石塚真一、市川春子、岩本ナオ、太田垣康男、大童澄瞳、奥浩哉、小畑友紀、黒田硫黄、咲坂伊緒、出水ぽすか、萩尾望都、昌原光一、松井優征、松本大洋、望月ミネタロウ、山下和美、吉田戦車。