2021.1.23

超絶技巧の切り絵の世界へ。盛田亜耶が個展「オフィーリアのために」で大作を発表

超絶技巧の切り絵アーティスト・盛田亜耶の個展「オフィーリアのために」が、東京・乃木坂のギャラリー・アートアンリミテッドで開催されている。会期は1月20日~2月27日。

盛田亜耶 オフィーリアのために 210.0(可変)×212.0cm (C)AYA MORITA / All Photo(C)Tomonori OZAWA Courtesy of gallery ART UNLIMITED  
前へ
次へ

 超絶技巧の切り絵で注目を集める盛田亜耶の個展「オフィーリアのために」が、東京・乃木坂のギャラリー・アートアンリミテッドで開催されている。会期は1月20日~2月27日。

 盛田は、名画の構図をもとに、現代人をモデルに解剖学的な興味から身体を骨格や内臓まで描き、動植物と一体化させる切り絵のアーティスト。一枚の紙と一本のカッターで微細に切り出すその独創的なイメージは、凄絶な迫力と魅力を湛える。

盛田亜耶 プロセルピナの手2 67.0×54.0cm(額寸) © AYA MORITA / All Photo © Tomonori OZAWA Courtesy of gallery ART UNLIMITED

 本展では、象徴派の名作とされるミレーの《オフィーリア》(1851~52)から着想した新作の大作を発表。盛田は、コロナ禍でより「生」を肯定的にとらえるようになり、絶命したオフィーリアが生きていたらと想定しながら本作を制作したという。この作品に加えて、未発表の切り絵12点も見ることができる。盛田は、本展に次のようなコメントをしている。

 象徴派のミレーの『オフィーリア」は、狂気の象徴であり、私には男性視点の理想の女性像に思えました。私の「オフィーリア」 は彼女を死から開放し、ハムレットの為に命を落とす事なく、純潔の白を想像させない黒い紙でカットしました。制作に没頭する中で、私は「死」よりも「生」を強く意識し、か弱い女性を表現するのではなく、現代に生きる優しさと力強さが融合した女性像 を描こうと思ったのです。 

盛田亜耶 SEVEN-憤怒 70.0×80.0cm(額寸) © AYA MORITA / All Photo © Tomonori OZAWA Courtesy of gallery ART UNLIMITED
《オフィーリアのために》 制作風景 盛田亜耶アトリエにて 2020年12月