NEWS / EXHIBITION - 2020.1.15

迎賓館で1964年の東京オリンピック振り返る特別展が開催

東京の迎賓館赤坂離宮で、今年の東京オリンピック開催を記念した特別展、「迎賓館赤坂離宮特別展~1964年東京オリンピックがつくられた場所~(歴史と写真展)」が開催される。会期は2020年1月16日〜3月10日。

 

迎賓館造営時に「羽衣の間」に置かれるピアノとして購入されたエラールピアノ

 1964年の東京オリンピック開催時、大会運営を担った組織委員会や様々なプロダクトデザインが制作された、東京オリンピックにゆかりのある建築物「迎賓館赤坂離宮」。ここを舞台に、今年の東京オリンピックを記念した特別展が行われる。会期は1月16日〜3月10日。

 本展では、一般にあまり公開されていない1964年東京オリンピックの貴重な写真やプロダクトデザインを当時の様子と合わせて紹介。1964年の東京オリンピックで初めて全面導入されたピクトグラムと、2020年のオリンピックで使用されるピクトグラムも比較展示される。

 また本館2階では、年代ごとに迎賓館の歩みを紹介する写真を展示。昭和天皇の成婚から迎賓館として開館するまで、迎賓館の知られざるエピソードを、当時の写真と共に紹介するという。

 なお会期中には、1909年の東宮御所(現迎賓館赤坂離宮)造営時に「羽衣の間」に置かれるピアノとして購入され、昭和天皇と香淳皇后が赤坂離宮に居住していた際にも使用されたエラールピアノの演奏会も行われる。