NEWS / EXHIBITION - 2018.11.4

具体の初期メンバー・吉田稔郎の足跡をたどる。舞台ステージや絵画のフレームを連想させる作品とは

「具体美術協会」の初期会員であったことでも知られる美術家・吉田稔郎の個展が、青山のファーガス・マカフリー東京で開催される。本展は、具体美術協会の活動が特に活発だった1953年から63年のあいだに制作された作品を紹介するもの。会期は11月3日〜12月22日。

吉田稔郎 無題 1956 © The Estate of Toshio Yoshida

吉田稔郎 無題 1956 © The Estate of Toshio Yoshida

 吉田稔郎(1928~97)は、戦後日本美術を代表する前衛グループのひとつ「具体美術協会」において重要な役割を担ってきたとしても知られる美術家だ。

 具体美術協会の創設者・吉原治良の父が経営していた油問屋(のちの吉原製油、現在のJ-オイルミルズ)で秘書兼デザイナーとして勤務。吉原から「絵画とパフォーマンスが交差する領域」での創造性を追求するよう吉原に助言を受けると、白髪一雄、元永定正、田中敦子、嶋本昭三、村上三郎など具体の作家とともに多くの作品を発表するようになった。

 1997年にその生涯を終えた後も吉田の作品は、「具体」(ジュ・ド・ポーム国立美術館、1999)、「具体―ニッポンの前衛 18 年の軌跡」(国立新美術館、2012)、「具体:素晴らしき遊び場」(グッゲンハイム美術館、2013)など、国内外の具体の回顧展で発表されてきた。

 今回、青山のファーガス・マカフリー東京で開催される個展は、吉田の作品の変遷をたどるもの。本展では、吉田の制作上のテーマであった「創造的破壊」の中核となる「Burn Paintings」シリーズも展示される。