EXHIBITIONS

吉田稔郎:作品 1953 - 1963

ファーガス・マカフリー東京|11.03 - 12.22

吉田稔郎 BURN by CF No.23 1954 © The Estate of Toshio Yoshida

吉田稔郎 Untitled(54-6) 1954 © The Estate of Toshio Yoshida

吉田稔郎 Sakuhin(56-10) 1956 © The Estate of Toshio Yoshida

吉田稔郎 Untitled 1956 © The Estate of Toshio Yoshida

吉田稔郎 Untitled 1963 © The Estate of Toshio Yoshida

 戦後⽇本美術を代表する前衛グループのひとつ「具体美術協会」の一員として活動した吉⽥稔郎。具体美術協会の創設者・吉原治良の⽗が経営していた油問屋(のちの吉原製油、現在のJ-オイルミルズ)で秘書兼デザイナーとして勤務しながら、吉原の⻄洋絵画に感化され、具体美術協会の設⽴以前からその才能を見出された。

 「⼈の真似をするな。誰もやらないことをやれ」という吉原の教えに沿い、吉⽥は絵画とパフォーマンスが交差する領域での創造性を追求。⽩髪⼀雄、元永定正、⽥中敦⼦、嶋本昭三や村上三郎などの具体作家とともに、独創性に富んだ作品を⽣み出した。

 本展では具体美術協会の活動が特に活発だった1953〜63年の間に制作された吉⽥の作品を紹介。美術と⼯業製品との境を崩壊させた《無題(54-6)》(1954)、絵画における炎の表現性を探った「Burn Paintings」シリーズ、アクションや同時性、パフォーマンスを考察し、演劇によって発展したアイディアの応⽤など、実験的な試みを時代ごとにたどる。