NEWS / EXHIBITION - 2018.10.1

森美術館にも同時出展。
ストリート・アーティスト、SWOONの個展「Mirari Minima」をチェック

女性ストリート・アーティストの第一人者として知られるSWOONの個展「Mirari Minima」が、東京・西麻布のSNOW Contemporaryで開催される。会期は10月6日〜11月2日。

SWOON Miss Rockaway 2017 52.1 x 68.6cm Silkscreen and acrylic gouache on handmade paper *Paper made by the artist

 SWOON(スウーン)は1977年コネチカット州に生まれ、98年にブルックリンのプラット・インスティテュート大学に進学。在学中から、自身の周囲の人々をモチーフにしたプリントや切り紙による作品を街中に展開し、一躍ストリートアートの世界で広く知られるようになる。

 その後はストリートから活動の場を広げ、ニューヨークのゴミを集めてつくったボートで仲間たちとヴェネチア・ビエンナーレに乗り込むプロジェクトや、自然災害を被ったニューオリンズやハイチに赴き復興のための制作活動を行うなど、社会や環境に対する強い関心とともにプロジェクトを展開。

 本展は、SNOW Contemporaryでは2度目となる個展。展覧会タイトルの「Mirari Minima」はラテン語で「小さな好奇心」という意味。平面作品から立体・版画など様々な形態で、SWOONの小さな好奇心から広がる壮大な作品の世界を紹介する。 

 また、SWOONは森美術館の「カタストロフと美術のちから展」(10月6日~2019年1月20日)にも同時出展。こちらも合わせてチェックしたい。