NEWS / EXHIBITION - 2018.8.16

世界各地で撮影された代表作を網羅。マイケル・ケンナの日本初となる回顧展が東京都写真美術館で開催

世界的に著名な写真家マイケル・ケンナの日本初となる回顧展「マイケル・ケンナ A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」が、東京都写真美術館にて開催。本展では、45年に渡るキャリアの初期から最近作まで代表的作を選りすぐって紹介される。会期は2018年12月1日~2019年1月27日。

マイケル・ケンナ Chariot of Apollo, Study 1, Versailles, France. 1988 © Michael Kenna / RAM

マイケル・ケンナ Chariot of Apollo, Study 1, Versailles, France. 1988 © Michael Kenna / RAM

 マイケル・ケンナは1953年イギリス生まれの写真家。ロンドン芸術学校で写真を学び、現在はシアトルを拠点に活動を行っている。

 伝統的な技法を用いながらも、独特のプリント・テクニックにより光と大気の微妙な変化を表現としてきたケンナ。ときに現実離れした異次元空間をも思わせ、その静謐で叙情的なモノクロームの作品は世界中で評価されてきた。

マイケル・ケンナ White Bird Flying, Paris, France. 2007 © Michael Kenna / RAM

 そんなケンナの、日本では初となる回顧展「マイケル・ケンナ A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」が東京都写真美術館にて開催される。

 本展では、代表作100点に加え、ヨーロッパ各地のナチス強制収容所を約12年間にわたって記録し、フランス政府に寄贈され芸術文化シュヴァリエ賞受賞にいたった「Impossible to Forget(50年後のナチス強制収容所)」シリーズから25点を展示。

マイケル・ケンナ Railway Lines and Entry Building, Birkenau, Poland 1992
 © Michael Kenna / RAM

 ほかにも、10年間にわたり日本の古い家屋で撮りためた新シリーズ「RAFU: Japanese Nude Studies 2008-2018(ヌードの習作)」が日本初公開となる。これは被写体に人物を選ぶという、ケンナにとっては新しい試みだ。

 展示される作品約165点はすべて、ケンナ自身が暗室でプリントしたオリジナルプリント。また、ケンナは本展にあわせて来日し講演会とサイン会を開催する予定となっている。その美学にふれる貴重な機会となるだろう。