NEWS / EXHIBITION - 2018.6.24

金魚の神秘性に魅了された
金魚絵師、深堀隆介。初となる
公立美術館での個展が平塚で開催

透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を描く作品で知られる深堀隆介の、公立美術館で初となる本格的な個展が平塚市美術館で開催される。会期は7月7日〜9月2日。

深堀隆介 制作風景

深堀隆介 制作風景

 深堀隆介は、1973年愛知県生まれ。95年に愛知県立芸術大学を卒業し、名古屋のディスプレイ会社に勤務するも99年に退職。その後本格的に創作活動を開始するが、次第に制作に行き詰まり、アーティストを辞めることを考える。そんな中、部屋で7年間粗末に飼っていた一匹の金魚の魅力に気がつき制作意欲をかきたてられたことが転機となる。以後この体験を「金魚救い」と呼び、金魚を描いてきた。

深堀隆介 制作風景

 そんな深堀の展覧会「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」が平塚市美術館で開催される。

 

深堀隆介 金魚酒 夕舟 2016 個人蔵

 極めて独創的な技法を用いて金魚を描く深堀。器の中に樹脂を流し込み。その表面にアクリル絵の具で金魚を少しずつ部分的に描いていき、更にその上から樹脂を重ねる。この作業を繰り返すことにより、絵が重なり合い、まるで生きているかのような立体感を持つ金魚が表現されるという。

 こうした一連の金魚作品によって、今や国内はもとより世界的に高い評価を受けている堀川は、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、ますます表現の幅を広げている。

 本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む約200点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれる深堀の金魚を堪能したい。