NEWS / EXHIBITION - 2018.3.12

九州の伝統工芸とフィンランドデザインが融合。デザインユニット・COMPANYが福岡で個展開催

フィンランドを拠点に活動するデザインユニット・COMPANYが、福岡市の三菱地所アルティアムで展覧会を開催。世界各地の伝統工芸とコラボレーションした「Secrets」シリーズを中心に展示を行う。会期は3月17日〜4月22日。

Secrets of Russiaシリーズより マトリョーシカ《TREE OF SEASONS》(2012)

Secrets of Russiaシリーズより マトリョーシカ《TREE OF SEASONS》(2012)

 COMPANYは、フィンランド出身のヨハン・オリンと韓国出身のアーム・ソンによるデザインユニット。フィンランドを拠点に活動し、ヘルシンキで自身がデザインしたプロダクトを販売するショップ「Salakauppa(サラカウッパ=秘密のお店)」を経営している。2010年には、フィンランドのデザイン分野でもっとも栄誉のあるフィンランド国家デザイン賞を受賞。日本でも、「PHASE 2015 ニッポン・北のヒミツ」(青森県立美術館、2015)などの個展を行い注目を集めている。

フィンランドのデザインスタジオの様子。(左)ヨハン・オリンと(右)アーム・ソン(2016)

 COMPANYが2007年から展開する「Secrets」シリーズでは、現代のデザインと世界各地の伝統工芸の融合を試み、これまでにフィンランドやロシア、韓国、エストニアなどの伝統工芸とのコラボレーションを行ってきた。近年は九州の伝統工芸に着目し、福岡・八女地方のコマや提灯や織物、佐賀の郷土玩具などの職人たちとの交流から新作が生まれている。

Secrets of Southern Japanシリーズより 八女コマ《MOSS MOSS SPIN》(2017)

 本展では、これまでに手がけた「Secret」シリーズの人形やオブジェを中心に展示。「SECRETS FROM FOREST 森のヒミツ」という展覧会タイトルのもと、COMPANYがインスピレーションを受けているという「森」をテーマにした空間が展開される。

Secrets of Russiaシリーズより マトリョーシカ《THE BEARS》(2012)