NEWS / EXHIBITION - 2018.2.12

フランスを彩ったポスターの魔術師。レイモン・サヴィニャックの過去最大規模の展覧会が開催

フランスを代表するポスター作家であるレイモン・サヴィニャックの作品を紹介する展覧会が、2月22日より練馬区立美術館で開催。ポスターのほか、スケッチや原画、ポスターが貼られていた当時の様子がうかがえる写真など約200点が展示される。

レイモン・サヴィニャック ドップ 清潔な子どもの日 1954 ポスター、カラーリトグラフ 29×40cm パリ市フォルネー図書館所蔵 © Annie Charpentier 2018

レイモン・サヴィニャック ドップ 清潔な子どもの日 1954 ポスター、カラーリトグラフ 29×40cm パリ市フォルネー図書館所蔵 © Annie Charpentier 2018

 フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907〜2002)。シンプルでユーモアとエスプリにあふれたサヴィニャックのポスターは、それまでのフランスにおけるポスターの伝統であった装飾的な様式を一新。デビューは40歳を過ぎてからという遅咲きながら、シトロエン、ダンロップ、ミシュラン、ティファール、パリ市ほか、フランスの錚々たる広告主のビジュアル広告を手がけ、その作品は現在も世界中で愛されている。

レイモン・サヴィニャック 牛乳石鹸モンサヴォン 1948/50 ポスター、カラーリトグラフ 150×100cm パリ市フォルネー図書館所蔵 © Annie Charpentier 2018

 これまでにない大規模なサヴィニャック展となる本展では、代表作のみならず、4メートルにもおよぶ大型ポスターや日本企業から発注されたポスター、制作過程が垣間見えるスケッチや原画など、あわせて約200点を展示する。

 また、「景観の中でのポスター」にも注目し、実際にポスターが貼られていた20世紀のフランスの街をとらえた写真も展示。サヴィニャックのポスターが、どのように道行く人々の心を踊らせ、時に批判され、そしてその広告としての効果を発揮していたのかに思いを馳せながら、サヴィニャックの世界を堪能することができる。

レイモン・サヴィニャック ひとりでに編める ウット毛糸 1949/51 ポスター、カラーリトグラフ 240×159cm パリ市フォルネー図書館所蔵 © Annie Charpentier 2018
レイモン・サヴィニャック フリジェコ:良質の冷蔵庫 1959 ポスター、カラーリトグラフ 120×160cm パリ市フォルネー図書館所蔵 © Annie Charpentier 2018