NEWS / EXHIBITION - 2018.2.12

テーマは「無明と可視」。堀川すなお、牧田愛、松橋萌、岡田杏里によるグループ展開催

公益財団法人ポーラ美術振興財団による海外研修助成を受けたアーティストが作品を発表する「ポーラ ミュージアム アネックス展2018 前期」が、2月23日から3月18日まで開催される。

牧田愛 Matrix 2017 キャンバスに油彩

牧田愛 Matrix 2017 キャンバスに油彩

 公益財団法人ポーラ美術振興財団が実施している「若手芸術家の海外研修助成」に採択されたアーティストが作品発表を行う「ポーラ ミュージアム アネックス展」。毎年前後期に分けて開催されており、今回で12回目を迎える。

堀川すなお バナナ,近い,(29),女 no.1 2015 マイラーフィルム、色鉛筆

 今回の出展作家は、「目の前にある もの その本来の姿はなにか?」をテーマにドローイングを中心とした制作を行う堀川すなお、錯視の手法を取り入れた三次元的な絵画を制作している牧田愛、「子供の視点と自然回帰への憧憬」をテーマにした立体作品を制作する松橋萌、メキシコなど様々な土地を旅しながら壁画などの作品を手がける岡田杏里の4人。

 監修を務めるポーラ美術館館長の木島俊介により「無明と可視」と題された本展。4人それぞれの意識の内奥に潜在する未知=「無明」と、その本質の「可視」化現象としての作品との関係を探る。

岡田杏里 密林の声 2016 キャンバスにアクリル絵具
松橋萌 Welt der kleines 2016 陶器、アクリル樹脂、木材