NEWS / EXHIBITION - 2018.2.13

尾形光琳・乾山の美意識の交流をさぐる。「光琳と乾山ー芸術家兄弟・響きあう美意識ー」展

江戸時代なかばの芸術家兄弟である尾形光琳・乾山の美の世界を展観しその交流をさぐる「光琳と乾山ー響きあう美意識ー」展が根津美術館で開催される。会期は4月14日~5月13日。

尾形乾山 銹絵染付金彩絵替土器皿 5枚 18世紀 施釉陶器 根津美術館蔵 重要文化財

尾形乾山 銹絵染付金彩絵替土器皿 5枚 18世紀 施釉陶器 根津美術館蔵 重要文化財

 尾形光琳(1658~1716)は江戸時代なかばの画家・意匠作家。俵屋宗達や雪舟、狩野派などにルーツをもつ様々な画風を展開し、《燕子花図屏風》をはじめとする装飾性の高い彩色画や優れた水墨画を残した。

尾形光琳 燕子花図屏風(右隻) 18世紀 紙本金地着色 6曲1双 根津美術館蔵 国宝 

 いっぽう、光琳の弟である尾形乾山(1663~1743)は陶芸の世界に身を投じる。日本、中国、西洋にまで及ぶ様々なやきものを学び、多彩な作品を制作した。

 本展では、光琳の画業を示す作品のみならず、光琳が関与したと思われる「絵」をキーワードとした乾山焼、光琳風もうかがえる乾山の画業などを展観。美術史上重要な二人の芸術家兄弟がそれぞれ展開した造形や美の世界を見つめ、そこに存在した美意識の交流の様相をさぐる。

尾形乾山 定家詠十二カ月和歌花鳥図 九月 寛保3年(1743年) 紙本着色 1幅 根津美術館蔵