NEWS / EXHIBITION - 2017.10.10

仁清と乾山、京焼の二大巨匠が共演。岡田美術館で特別展開催

江戸時代を代表する陶工・野々村仁清と尾形乾山の作品を集めた特別展が、箱根の岡田美術館で開催される。会期は11月3日〜2018年4月1日。

(重要文化財) 尾形乾山 色絵竜田川文透彫反鉢 江戸時代 岡田美術館蔵

(重要文化財) 尾形乾山 色絵竜田川文透彫反鉢 江戸時代 岡田美術館蔵

 江戸時代の京都で花開いた華やかなやきもの文化。この発展を担ったのが、「京焼の祖」とも言われる野々村仁清(生没年不詳)と、仁清から作陶を学んだ尾形乾山(1663〜1743)だ。

野々村仁清 銹絵雁香合 江戸時代 岡田美術館蔵

 仁清は鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされるほか、ろくろや彫塑の技にも優れ、その華やかで端正なやきものは公家や大名家によって重用された。いっぽう乾山は、仁清に続いて京焼を発展させ、実兄である絵師・尾形光琳と合作で絵皿を制作するなど、絵画とやきものの融合という新しい道を切り開いた。

尾形乾山 色絵立葵図香合 江戸時代 岡田美術館蔵

 本展では、岡田美術館が収蔵する仁清と乾山の全作品を一挙に展示。仁清の制作年月が判明している稀少な作品である《色絵輪宝羯磨文香炉》(1657)や、乾山が最盛期に制作した秋の情景を凝縮したような作品《色絵竜田川文透彫反鉢》(江戸時代)など、重要文化財を含む貴重な作品が一堂に揃う。

(重要文化財) 野々村仁清 色絵輪宝羯磨文香炉 江戸時代 明暦3年(1657) 岡田美術館蔵

 また、仁清が作品を献上した後水尾天皇などにまつわる皇室ゆかりの作品や、乾山の兄・尾形光琳をはじめとする琳派の絵師の作品も併せて展示される。紅葉の見頃を迎える美術館の庭園とあわせて、京の都の典雅な世界を楽しんでみてはいかがだろうか。