EXHIBITIONS

TIDE「BLOOM」

The Mass
2021.11.27 - 12.26

VOYAGE 2021 © TIDE, The Mass

 The Massは、東京を拠点に活動するアーティスト・TIDEの大規模個展「BLOOM」を開催。本展では代表作の「CAT」シリーズをはじめ、「Life is Flat」と題された新しいペインティング・シリーズを含む最新作19点、 そしてTIDEの芸術活動の新たな始まりを示す立体的なインスタレーションが展示される。

 TIDEは1984年静岡県生まれ。20代前半に滞在していたオーストラリアでマンガ家・歴史家の水木しげるの作品に出会い、独学で絵を描き始める。2009年に帰国し、アーティスト活動を本格的にスタート。当初は点描画をはじめとした鉛筆画を中心に制作し、一貫してモノクロームの世界を描き続けてきた。以降、表現力の高い絵画的アプローチに目覚め、スケール感のあるキャンバス上での実験を続けながら、水彩絵の具やアクリル絵具などを使用した新しい技法を模索を経て、現在のスタイルに至る。

 またTIDEは1930〜50年代のハリウッド映画やアニメーションにも多大な影響を受けており、ひとつのキャンバス上で2次元と3次元のモチーフを組み合わせながら、子供時代の原風景やノスタルジアといった普遍的なテーマを混在させている。

 本展は、2020年にGallery COMMONで開催した「DEBUT」展に続く2度目の個展。見どころのひとつとなる、静物画の様式を再解釈した新たなシリーズ「Life is Flat」は、猫をモチーフとした「CAT」シリーズと同じ世界に存在するTIDE独自のモノクロームのスタイルとテクニックを継承した作品であり、それぞれの作品には器や花瓶に入る様々な花束が描かれる。

 展覧会タイトル「BLOOM」は、TIDEの作品に登場する花のイメージを意味すると同時に、アーティストとしてのTIDEのアイデンティティを表すメタファーでもある。TIDEがさらなる芸術的挑戦のために成長し、進化していくことを意味している。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。