EXHIBITIONS

ゲルハルト・リヒター「Abstrakt」

ゲルハルト・リヒター MÖHRE 1984
Exhibition view at Fondation Louis Vuitton, 2014
Photo credits: ©︎ Fondation Louis Vuitton / Martin Argyroglo
©︎ Gerhard Richter

ゲルハルト・リヒター STRIP(921-2) 2011
Exhibition view at Fondation Louis Vuitton, 2014
Photo credits: ©︎ Fondation Louis Vuitton / Martin Argyroglo
©︎ Gerhard Richter

 エスパス ルイ・ヴィトン大阪では、2回目の展覧会として、ドイツ人アーティスト、 ゲルハルト・リヒターの個展「Abstrakt」を開催。日本初公開作を含む、18点のアブストラクト・ペインティングを展示する。

 リヒターは1932年ドイツ・ドレスデン(旧東ドイツ)生まれ。ドレスデン芸術大学で美術教育を受けるが、西ドイツ旅行中に抽象表現主義に出会い強い影響を受ける。鮮烈な色を組み合わせる「アブストラクト・ペインティング」をはじめ、多彩なシリーズを展開。様々なスタイルを同時期に並行させながら、一貫して「絵画の可能性」を追求している。日本でも多くの展覧会で紹介され、2022年には東京国立近代美術館と豊田市美術館での大規模個展の巡回を予定している。

 フォンダシオン ルイ・ヴィトンは本展において、 エスパス ルイ・ヴィトン大阪のためにコレクションからリヒターの18点の抽象作品を選び出し、30年以上にわたる創作活動をたどり直す。そのうち、2015年に制作されたアブストラクト・ペインティングの2作品《940-4 Abstraktes Bild》と《941-7 Abstraktes Bild 》は今回が初公開となる。

 なお本展は、世界各地のエスパス ルイ・ヴィトンで展開される「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの一環として開催。フォンダシオン ルイ・ヴィトンの所蔵作品から選び抜かれた作品を展示する同プログラムは、これまで東京、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、大阪のエスパス ルイ・ヴィトンでも継続的に行われ、多くの人々に所蔵作品にふれる機会を提供することを目指している。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。