EXHIBITIONS

フランシス・ベーコン

バリー・ジュール・コレクションによる ― リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント ―

2021.04.20 - 06.13

フランシス・ベーコン Xアルバム3 表 1950年代後半~60年代前半 © The Barry Joule Collection

フランシス・ベーコン Xアルバム9 裏─叫ぶ教皇 1950年代後半~60年代前半 © The Barry Joule Collection

フランシス・ベーコン 自転車選手の写真上のドローイング 1970~80年代頃 © The Barry Joule Collection

 20世紀を代表するイギリスの巨匠、フランシス・ベーコン(1909〜1992)。その名を一躍有名にしたのは、古典名画や報道写真を引用し、叫び、あるいは歪められた人物像や、画面に漂う不穏な雰囲気が強烈な印象を与える一連の絵画だった。

 生前のベーコンは、自身の創作プロセスに関する情報を緻密にコントロールしていた。しかし、ベーコンのアトリエの近所に住んでいた縁で、晩年その身の回りの仕事を頼まれていたバリー・ジュールが、画家から死の直前に渡された千点を超えるドキュメントを公開すると、アトリエでの秘められた画家のもうひとつの顔が浮かび上がってきた。

「バリー・ジュール・コレクション」は、ベーコンが描かないと語っていたドローイングや、多くの写真や複製画に直接描きこまれたイメージなどを収蔵。ベーコン自身が創り上げたセルフ・イメージと相反するような資料をめぐっては様々な意見がとり交わされてきた。

 本展では、バリー・ジュール・コレクションのうち約130点を日本で初めて公開。19世紀後半頃の古いアルバムに由来する「Xアルバム」や、膨大な数の新聞や雑誌の紙片に、描き込みや変形を加えた「ワーキング・ドキュメンツ(作業資料)」をはじめ、書籍や油彩画の小品、ポスターなどが展示される。

※渋谷区立松濤美術館は緊急事態宣言の受け、4月27日〜5月31日まで臨時休館。最新情報は公式ウェブサイトへ。