• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎
EXHIBITIONS

京都新聞創刊140年記念

川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎

河井寬次郎 白地草花絵扁壺 1939 京都国立近代美術館蔵

河井寬次郎 辰砂筒描扁壺 1950頃 京都国立近代美術館蔵

河井寬次郎 三色打薬陶彫 1962 京都国立近代美術館蔵

河井寬次郎 青釉菱花文扁壺 1943 京都国立近代美術館蔵

河井寬次郎 呉須筒描陶板「手考足思」 1957 京都国立近代美術館蔵

河井寬次郎 三彩双魚文瓶子 1922 京都国立近代美術館蔵

 近代日本を代表する陶芸家のひとり・河井寬次郎。明治23(1890)年に現在の島根県安来市に生まれた河井は、東京高等工業学校(現・東京工業大学)を卒業後、京都市立陶磁器試験場に技手として勤務し、大正6(1917)年まで、膨大な数の釉薬研究に没頭。その後、2年間、清水六兵衞家の釉薬の顧問を務め、大正9(1920)年に登り窯を譲り受けた。

 陶芸家として独立後、大正10(1921)年に初個展を開催。中国・朝鮮陶磁を手本とした作風で高い評価を得た。やがて民藝運動に参画すると、作風を大きく転換させ、暮らしに密接した作陶活動を展開。晩年に向かうほどますます意欲的に制作を行い、作品は「生命」の喜びを帯びたものとなった。
 
 本展では、京都国立近代美術が所蔵する、河井作品(川勝コレクション)より、初期から晩年に至る名品約250点を一堂に展示。加えて、同館所蔵の河井と交遊関係のあった富本憲吉、バーナード・リーチ、濱田庄司らの作品を紹介する。また、本展開催にあわせ、川勝コレクション全425点を新規撮影・収録した作品図録が新たに刊行される。