EXHIBITIONS

特別展示

名和晃平 Foam

金沢21世紀美術館|04.26 - 08.24

名和晃平 Foam installation view,“FUKAMI –une plongée dans lʼesthétique japonaise”, Hôtel Salomon de Rothschild, Paris, France 2018 Photo by Nobutada OMOTE | SANDWICH © NAWA Kohei

 名和晃平が国内外で展開してきた、生命の根源を彷彿させる泡と光のインスタレーション《Foam》が特別展示される。

 名和は、1975年大阪府出身。京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。「Pixel(画素)」と「Cell(細胞)」を合わせた独自の概念「PixCell」を基軸に、様々な素材を使い、その特性と最先端の技術をかけ合わせた彫刻作品の制作や、空間表現を行っている。

 2018年、ルーヴル美術館ピラミッド内で巨大な立体作品《Throne》を発表。日本人作家としては初めての展示となった。近年の個展に、「Throne -Louvre Pyramid-」(銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM、2019)、「Element - Black」(ギャラリーノマル、大阪、2018)、「Biomatrix」(SCAI THE BATHHOUSE、東京、2018)などがある。

 泡と光からなる《Foam》は、次々と終わりなく湧き出る小さな泡が次第に寄り集まり、泡の集合体(フォーム)として有機的な構造を自律的に形成していく様子を表現した作品。生成と消滅というシンプルなプロセスを繰り返す個々の泡は、代謝や循環を支える細胞の本質的な振る舞いと類似しており、鑑賞者に生命の根源を連想させる。