EXHIBITIONS

Chim↑Pom「グランドオープン」

ANOMALY|11.22 - 01.26

Chim↑Pom「グランドオープン」 イメージ 画像制作協力=板垣賢司

 山本現代、URANO、ハシモトアートオフィスが合併し、2018年11月22日にオープンする「ANOMALY(アノマリー)」。第1弾では、Chim↑Pomによる展覧会「グランドオープン」を開催する。

 「ANOMALY」とは、正論や常識では説明不可能な事象や個体、変則や逸脱を表す言葉。チャレンジしやすくフレキシブルな大小のギャラリー空間、プロジェクトごとに様々な人が気軽に出入りし滞在できるオフィスとラウンジなどの「場」をつくり上げていくという。またリサーチや対話を行い、展覧会のほかにもトークセッション、パフォーマンスの企画にも取り組むなど、既存のギャラリーの枠に収まることなく、時代の要請に向き合っていくことを目指す。

 本展では、Chim↑Pom特有の視点から「都市論」を展開。オリンピックを2年後に控え、東京の街が急速に変化していく中で連発してきた都市論にまつわるプロジェクトの集大成をANOMALYで結実させる。

 会場には、10月に東京・歌舞伎町で開催されたイベント「にんげんレストラン」で制作された巨大彫刻作品《ビルバーガー》、17年のアジアアートビエンナーレで発表された《道》を運び入れるほか、およそ1ヶ月におよぶ長い設営期間の中で、「個」としてのChim↑Pomが即興的に手がけた新作も並ぶ。