AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

マティス 自由なフォルム

2024.02.14 - 05.27

アンリ・マティス 花と果実 1952〜53 ニース市マティス美術館蔵
©Succession H. Matisse. Photo by François Fernandez

 国立新美術館で「マティス 自由なフォルム」が開催される。

 アンリ・マティス(1869〜1954)は、フォーヴィスムの中心人物としてパリで頭角を現した。後半生の大半を過ごすこととなるニースではアトリエで様々なモデルやオブジェを精力的に描くいっぽうで、マティスは色が塗られた紙をハサミで切り取り、それを紙に貼り付ける技法「切り紙絵」に取り組む。

 本展は、1951年に日本で初めてのマティス展が東京国立博物館で開催されてから70周年の節目の年、2021年に国立新美術館で開催予定だったが、コロナ禍の影響で延期を余儀なくされた。マティスが晩年に過ごしたフランス・ニースにあるニース市マティス美術館の全面協力を得て、絵画、彫刻、素描、版画、テキスタイルなど約150点を紹介する。

 展覧会の見どころは、マティスの切り紙絵を日本で初めて本格的に展示するほか、ニース市マティス美術館のメインホールを飾る切り紙絵の大作《花と果実》(1952-53)が本展のために修復を経て、初来日することや、ニース郊外のヴァンスに建てられた、マティスが切り紙絵を応用し、室内装飾などをデザインしたヴァンスのロザリオ礼拝堂を体感できる空間を再現することが挙げられる。