AdvertisementAdvertisement
  • HOME
  • 展覧会
  • 大阪
  • 特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
EXHIBITIONS

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」

メインビジュアル

 国立国際美術館で、特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」が開催される。

 紀元前15世紀から後16世紀のスペイン侵攻まで、3000年以上にわたって繁栄したメキシコの古代文明。本展では、そのうち「マヤ」、「アステカ」、「テオティワカン」を中心に、多彩な遺物約140件を紹介する。

 火山の噴火や地震、干ばつなどの厳しい自然環境のなかで、これらの文明では壮大なモニュメントが築かれた。普遍的な神と自然への祈り、そして多様な環境から生み出された独自の世界観と造形美を通して、その奥深い魅力をいまに伝える。