AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

政令指定都市移行・区制施行20周年

奇想の絵師 歌川国芳

歌川国芳 八犬伝之内芳流閣 1840

歌川国芳 国芳もやう正札附現金男 野晒悟助 1844-45

歌川国芳 朝比奈小人嶋遊 1847~52

前川千帆 ゴールデンバット動物園(1944)と版木

 うらわ美術館で 「奇想の絵師 歌川国芳」が開催されている。 
 
 歌川国芳(1797〜1861)は、「豊国にかほ(似顔) 国芳むしや(武者) 広重めいしよ(名所)」という言葉のとおり、幕末浮世絵界の人気を分けあった歌川派のひとり。斬新かつ豊かなアイデアを次々と出し続けた国芳は、当時の浮世絵界を活性化させただけではなく、劇画のルーツとも言われるなど、後世にも多大な影響を及ぼした。

 本展は、国芳の代表作をはじめ、戯画、洋風の風景画、貴重な肉筆画など約160点の作品から、その多彩で変化に富んだ画業を紹介する。

 併せて、関連展示ではうらわ美術館コレクションから、木版画による作品を展示。国芳の浮世絵の世界と合わせて、木版画の広がりを楽しんでいただきたい。