NEWS / HEADLINE - 2017.12.1

日本唯一の広告ミュージアム
「アドミュージアム東京」がリニューアルオープン

江戸時代から現在までの広告を展示する日本唯一の広告を専門とするミュージアム「アドミュージアム東京」が、開館15周年を機に全面リニューアルを行い、12月1日に再オープンした。

アドミュージアム東京 常設展示室

アドミュージアム東京 常設展示室

 2002年に世界でも初めての広告専門のミュージアムとして開館したアドミュージアム東京。今年で開館15周年を迎えるのを機に全面リニューアルを行い、12月1日に再オープンした。

 約30万点もの収蔵資料を誇る本ミュージアム。常設展示では、現代のタレント広告やSNSの原点とも言える江戸時代の広告から、様々なメディアによって多様化する現代の広告まで、人と広告のかかわりの歴史を紹介する。

常設展示。江戸時代から現代までの広告の歴史を見ることができる 
常設展示 

 常設展示室には、「きもち」ごとにキュレーションされた広告映像を視聴できるブース「4つのきもち」や、タッチ式のデジタルテーブルで自由に広告作品を見ることのできる「デジタルコレクションテーブル」など、ユニークなコーナーも。また、ライブラリーには、広告・マーケティングに関する2万8000点の図書資料を収蔵し、誰でも自由に閲覧することができる。

ライブラリー 

 また、企画展示スペースでは、来年2月24日まで「『思いつく』を考える展」を開催中。話題のヒット作や便利な日用品など、優れたアイデアの裏側にある「思いつく」の過程を、9つのキーワードを通して紹介する。

企画展示「『思いつく』を考える展」展示風景