NEWS / HEADLINE - 2017.4.11

ジャンル不問!藤沢市アートスペースの制作支援プログラム「Artists in FAS」の募集がスタート

2015年に神奈川県にオープンした「藤沢市アートスペース」が、滞在制作を行うアーティストを全国公募している。応募は5月14日まで。

廣田真夕 Artists in FAS 2016 滞在制作風景

廣田真夕 Artists in FAS 2016 滞在制作風景

 2016年にスタートし、今回で2回目となる「Artists in FAS」は、藤沢市アートスペース(通称FAS)が、「今を生きるアーティストたちとその作品の魅力を発信すること」を目的として開催。FASで滞在制作したい作品と展示プランを全国から公募する。

 入選者には、滞在費・制作費が支給されるほか、藤沢市アートスペースのレジデンスルームと展示ルームが提供され、最大2か月間の滞在制作と成果発表展覧会の場が与えられる。

 

 審査員を務めるのは、アーティストの栗林隆と、東京オペラシティ アートギャラリー チーフ・キュレーターの堀元彰。FASを会場として制作・展示が実現可能であれば、絵画、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、表現のジャンルは問わない。