NEWS / HEADLINE - 2018.7.13

寺田倉庫のアートプロジェクト「TOKYO CANAL LINKS」と「TERRA×ART」。3日間にわたるイベントを開催

寺田倉庫のアートプロジェクト「TOKYO CANAL LINKS」(HANEDA-TENNOZ)が、芸術文化都市・東京の実現を目指して実施する「Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成」(公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京)の第1期採択事業に決定。これまで多彩なイベントを行ってきた「TOKYO CANAL LINKS」の第8回は、7月20日〜22日に開催される。

加茂昴 参考画像

加茂昴 参考画像

 「TOKYO CANAL LINKS」(HANEDA-TENNOZ)とは、運河によって東京の歴史や文化をつなげ、国際的な「TOKYO」への架け橋となることを目指すアートプロジェクト。羽田空港から続く湾岸エリアの既存施設をアートで再活用し、文化資源が観光資源になるような取り組みや、大田区・品川区と連携したアートプロジェクトの実施を予定している。

水川千春 参考画像

 この「TOKYO CANAL LINKS」が、芸術文化都市・東京の実現を目指して実施する「Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成」の第1期採択事業に決定した。

 これまで、天王洲エリアでライブ、ダンスパフォーマンス、茶会、ワークショップなど多岐にわたるジ ャンルのアートイベントを発信してきた「TOKYO CANAL LINKS」。その第8回となるイベントが7月20日から3日間にわたって開催される。

環ROY(左)と小林うてな(右)

 20日はオープニングレセプションとして、ミュージシャンの小林うてなと環ROY×Lighting SOLAによるライブ。21〜22日には加茂昴、水川千春、AKIRAによる3人展が開催され、最終日には山﨑円城(F.I.B JOURNAL)によるイベント「BOOK WORM」が行われる。

 また、TERRA(地球)×ART(生きる術)をテーマとしたプロジェクト「TERRA×ART」の2回目も、21〜22日の2日間で同時開催。インスタレーション展示、ワークショップ、マルシェが展開されるなど、盛りだくさんの内容となっている。