NEWS / EXHIBITION - 2017.12.11

沖縄にゆかりある作家約30名が集合。沖縄県立博物館・美術館開館10周年を記念した展覧会が開催

沖縄県立博物館・美術館で、開館10周年を記念した特別展が開催されている。美術館では、11月1日より開催中の「彷徨の海」に加えて、12月19日から「邂逅の海」がスタート。どちらの展示も2018年2月4日まで。

ジュン・グェン=ハツシバ ホー!ホー!ホー!メリー・クリスマス:イーゼル・ポイントの戦闘—メモリアル・プロジェクト沖縄 2003 courtesy of the ArtistMizuma Art Gallery, Tokyo

ジュン・グェン=ハツシバ ホー!ホー!ホー!メリー・クリスマス:イーゼル・ポイントの戦闘—メモリアル・プロジェクト沖縄 2003 courtesy of the ArtistMizuma Art Gallery, Tokyo

 2017年で開館10周年をむかえる沖縄県立博物館・美術館では、沖縄と世界をつなぎ、ときには遮断する「海」を共通テーマとした特別展を開催している。

嘉手苅史朗 interlude 2015

 現在、同美術館では、台湾との交流を歴史的な観点で紹介する展覧会「彷徨の海」を開催中。さらに12月19日からは、多彩な美術表現が交差するいまを見つめた「邂逅の海」が始まる。

ユェン・グァンミン エネルギーの風景 2014 courtesy of the artist

 「邂逅の海」に参加するのは、石田尚志、我喜屋位瑳務(がきや・いさむ)、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)、ジュン・グエン=ハツシバ、山城えりか、山城知佳子など、沖縄にゆかりのあるアーティスト約30名。二つの展示を合わせて、合計百数十点の作品を展覧する。

 なお博物館では、沖縄と海の関わりを、さまざまな視点から考える「海の沖縄-開かれた海への挑戦-」が行われている。

山城えりか vortex 2007〜11 © Erika Yamashiro