NEWS / EXHIBITION - 2017.12.3

谷川俊太郎のエッセンスにふれる
展覧会。最新の詩や小山田圭吾との
コラボレーションも発表

日本を代表する詩人・谷川俊太郎の創作活動とその暮らしを紹介する展覧会が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。会期は2018年1月13日〜3月25日。

谷川俊太郎 撮影=深堀瑞穂

谷川俊太郎 撮影=深堀瑞穂

 谷川俊太郎は1952年に詩集『二十億光年の孤独』でデビュー。以降、『鉄腕アトム』の主題歌、『マザー・グースのうた』やコミック『ピーナッツ』の翻訳、市川崑監督による映画『東京オリンピック』の脚本、武満徹ら音楽家との協働など幅広い仕事を手がけ、12月で86歳となる現在も活動を続けている。

 本展では、生活のなかの実感をもとに詩を紡ぎ出してきた谷川の暮らしを様々な側面から紹介。影響を受けたものや音楽、家族写真、書簡、コレクション、自ら撮影した暮らしの映像、そして知られざる仕事などを通し、谷川の詩が生まれる瞬間にふれることを試みる。

ラジオコレクション STEWART-WARNER Model R108X AN.5438-093 1933 京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵

 そのほか、本展のために書き下ろされる詩や、音楽家・小山田圭吾(コーネリアス)とインターフェイスデザイナー・中村勇吾(tha ltd.)とのコラボレーションも発表。詩と言葉の可能性を軽やかに広げてきた谷川の、現在とこれからを見ることができるだろう。