NEWS / EXHIBITION - 2017.12.4

糸や布の奥深い世界を見つめる。
広島市現代美術館で「交わるいと」が開催

糸や布、繊維を素材に制作を続ける15人と1組のアーティストによる展覧会が広島市現代美術館で開催される。会期は2017年12月22日〜2018年3月4日。

関島寿子 容と線 2008 作家蔵

関島寿子 容と線 2008 作家蔵

 伝統工芸、現代工芸、現代美術、デザインなど、多彩なジャンルに属しながらも同じように糸や布、繊維を素材にして作品を手がけるアーティストたち。その営みを紹介する特別展「交わるいと」が広島市現代美術館で開催される。

野間口圭介(nui project) シャツ 2004-2006 しょうぶ学園蔵

 糸と糸を交わらせて布を織ると、そこには必ずすき間ができる。そのすき間、空間があるからこそ布は伸縮性や保温性を保つことができる。この布のすき間、あるいは空間という視点は、自己と他者の間や、自己と自己の間の関係そのものに視野をひろげられるのではないか。本展は、精神病理学の第一人者であり、臨床哲学の先駆者でもある木村敏の言葉から、「あいだ」をキーワードに、様々な表現に属する作品を見つめる。

平野薫 untitled -red NIKE- 2009 高橋コレクション Photo by Felix Weinold, tim|State Textile and Industry Museum Augsburg

 参加作家はヌイ・プロジェクトや平野薫など16組。なお、会期中には出品作家によるリレー・トークや、ワークショップなどの関連イベントが予定されている。