NEWS / EXHIBITION - 2017.8.13

宮本隆司が個展「ロー・マンタン 1996」でネパールの城砦都市を撮影した約22点を初公開

国内外で高く評価されている写真家・宮本隆司の個展「ロー・マンタン 1996」が、タカ・イシイギャラリーで開催される。会期は8月26日〜9月30日。

Ryuji Miyamoto Lo Manthang 1996 1996/2017 Gelatin silver print Image size: 40.5×50.8cm Paper size: 50.6×60.9cm © Ryuji Miyamoto

Ryuji Miyamoto Lo Manthang 1996 1996/2017 Gelatin silver print Image size: 40.5×50.8cm Paper size: 50.6×60.9cm © Ryuji Miyamoto

 宮本隆司は1947年東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、建築雑誌の編集部員を経て写真家として独立し、建築物を中心に、都市の変貌や崩壊、再生の光景を撮影してきた。96年には第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展で金獅子賞、89年には第14回木村伊兵衛賞を受賞し、『建築の黙示録』(88年)、『九龍城砦』(97年)などの写真集は、国内外で高く評価されている。

 タカ・イシイギャラリーでは初となる本展では、ネパールの城砦都市ロー・マンタンを撮影した、初公開作品約22点を展示する。

Ryuji Miyamoto Lo Manthang 1996 1996/2017 Gelatin silver print Image size: 40.4×50.9cm
Paper size: 50.6×60.9cm © Ryuji Miyamoto

 96年5月、詩人・佐々木幹郎の誘いを受け、初めてロー・マンタンを訪れた宮本。ネパールの奥地に位置するロー・マンタンでは、91年まで外国人の出入りが禁じられ、電気やガスといった近代都市設備もなく、人々は自給自足の暮らしを営んでいた。宮本は、まさに秘境ともいうべきこの場所で、大判カメラを用いた9日間にわたる撮影を行った。

 意味や役割から解き放たれた「もの」としての建築を見つめ、社会的な課題やノスタルジアのみにとどまることなく、空間そのものの変質を浮き彫りにしてきた宮本。本展で初めて発表される作品群には、内と外を規定し、その土地の生活文化を育んだ、堅牢な城砦都市の様相が写し取られている。