NEWS / EXHIBITION - 2019.8.27

ミナペルホネンの皆川明と建築家の中村好文がディレクション。京町家宿「京の温所 西陣別邸」が10月オープンへ

京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 西陣別邸」が京都・西陣エリアにオープンする。ワコールが展開し、ミナペルホネン・デザイナーの皆川明と建築家の中村好文がディレクションを行うこの施設のオープン日は10月1日。

「京の温所 西陣別邸」の外観
前へ
次へ

 ファッションブランド「ミナペルホネン」のデザイナー、皆川明と建築家の中村好文がディレクションした町家宿「京の温所 西陣別邸(にしじんべってい)」が10月1日にオープンする。

 ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の5軒目となるこの宿は、市内中心部から少し離れた西陣エリアにある築約95年・2階建の邸宅をリノベーションしたもの。もとは西陣織を生業とする商家が人々をもてなすために建てた京町家が活用される。

キッチン
客室

 1階にはワインセラーを備えたキッチンと町家の構造を活かした吹き抜けの広々としたダイニングがあり、食材を選び、料理し、食べることができる。また、宿の各所には皆川が選んだアートピースが飾られ、季節や時期によって展示替えが行われる。

 また、庭を臨むヒノキ風呂と光が降り注ぐシャワールーム、ブックディレクターの幅允孝がセレクトした約60冊の書籍が並ぶカフェスペースやライブラリールームも特徴だ。

客室

 暮らすようにその土地に親しみ、京都に滞在する喜びへとつながる様々なアイデアが盛り込まれたこの宿泊施設について、中村は「この改修工事に関われたことは、ぼくの建築家人生にとってもかけがえのない大きな財産になりました」と語る。

 宿泊は、9月2日より予約受付開始される(※一部先行予約サイトあり)。

外観