NEWS / EXHIBITION - 2019.7.6

小説家・原田マハ監修。加藤泉、リヒター、ボレマンスらが参加の清水寺「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」に注目

世界遺産・清水寺を会場に、ICOM京都大会を記念した展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」が行われる。小説家・原田マハが監修する本展は、西洋近代絵画、現代美術、文学、マンガ、映画など、ジャンルを越えた作品が集結する、清水寺創建後1200年の歴史のなかで初の企画となる。会期は9月1日〜8日の8日間。

加藤泉 無題 2019(本展のための特別制作) 布、革、アクリル絵具、パステル、ステンレススチール、アルミニウム、鉄、刺繍、石、 リトグラフ ©︎2019 Izumi Kato

 世界遺産・清水寺を舞台とした初の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」が9月1日から8日間にわたって開催される。

 ICOM(アイコム/国際博物館会議)京都大会を記念する本展は、日本と世界のアートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマにしたもので、総合ディレクターを務めるのは、数多くの「アート小説」を発表している原田マハ。第二次世界大戦後に発足したICOMの「戦争で分断された世界をミュージアムで再びつなぐ」という設立趣旨に共感し、自ら発起人となりディレクターを務めるに至ったという。

ゲルハルト・リヒター ライヒ リヒター ペルト The Shed(ニューヨーク、2019)での展示風景 Photo by R. Heinen
猪熊弦一郎 無題 1948-49頃 板に油彩(3枚組の一部) 個人蔵 ©公益財団法人ミモカ美術振興財団

 本展の見どころは世界的アーティストの共演、そしていずれも通常非公開の会場での作品展示だ。「成就院」では小堀遠州の作庭による庭園を背景とした作品展示が、「経堂」ではゲルハルト・リヒターによる映像作品が披露される。また重要文化財「西門」「馬駐」のフリーゾーンでは加藤泉のインスタレーションが登場する。さらに、ミヒャエル・ボレマンスによる掛け軸、マティスのもとを訪れた直後に猪熊弦一郎が描いた作品のほか、荒木悠、司馬江漢らによる作品も揃う。

ミヒャエル・ボレマンス くちなし(2) 2014 和紙/軸装に墨 掛け軸:133x36.7cm 本紙:55.6x34.5cm 個人蔵 ©Michaël Borremans

 会場では原田マハが執筆した全作品の解説と、本展にあわせて発表予定の短編小説『20 CONTACTS 消えない 星々との短い接触』(幻冬舎より8月発売予定)からの一部抜粋をタブロイド紙に掲載して無料配布されるほか、俳優の竹中直人、映画監督の山田洋次、 噺家の桂南光、ボストン コンサルティング グループ前日本代表の御立尚資をゲストに迎えたトークイベントも行われる。

 清水寺1200年の歴史のなかで初めて、西洋近代絵画、現代美術、文学、マンガ、映画など、ジャンルを越えた作品が集結する本展に注目したい。

清水寺 成就院
原田マハ