• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • ダニエル・ビュレンから杉本博司まで。東京で見られるパブリッ…
INSIGHT - 2020.6.13

ダニエル・ビュレンから杉本博司まで。東京で見られるパブリック・アート10選

屋外の公共空間で誰もが鑑賞できるパブリック・アート。そんなパブリック・アートが多数存在する東京で、編集部がおすすめする10の作品をピックアップ。制作年順で紹介する(本稿は2019年7月28日の記事の改訂版です)。

ダニエル・ビュレン 25 porticos 1996
前へ
次へ

街行く人々を見つめる巨大な「目」。宮下芳子《新宿の目》(新宿駅西口地下広場)

 多くの人々が行き交う新宿駅西口の地下広場。ここで半世紀にわたり、人々を見つめてきたのが、宮下芳子による《新宿の目》(1969)だ。

宮下芳子 新宿の目 1969

 同作が制作されたのは1969年。瞳の高さは3.4メートル、横幅は10メートルにもおよぶ大作で、作品の内部には照明が埋め込まれており、瞳の部分が回転する仕様。一時はスバルビル解体に伴う撤去疑惑が起こり、2019年7月には一部が破壊されるという事件が発生するなど、様々に翻弄されてきた作品だ。新宿を長年にわたり見つめ続けてきた巨大な目。今後もこの街のアイコンとして存在し続けることが期待される。

住所:東京都新宿区西新宿1-7-1

新宿で「愛」を見つめる。ロバート・インディアナ《LOVE》(新宿アイランド)

 2018年5月、89歳でこの世を去った巨匠、ロバート・インディアナ。その代表作が、活字体を彫刻にした「LOVE」シリーズだ。

ロバート・インディアナ LOVE 1995

 インディアナはアメリカ社会の実像を描くことを使命に、自身の出身州であった「インディアナ」をアーティストネームとして使用。初期作品では交通標識や会社のロゴなどを取り入れ、アメリカを象徴する言葉や数字、記号を使った絵画を制作していたが、66年からはのちに代表作となる彫刻シリーズ「LOVE」の制作をスタートさせた。明快な色彩と活字体で「LOVE」をかたどったこのシリーズは、ニューヨーク、台北、バンクーバーなど世界各地の街角に設置。「Poeple’s Painter(人々のための画家)」として「愛」や「平和」を謳ったこの作家の代表作をいま一度見つめたい。

住所:東京都新宿区西新宿6-5-1

人工島にストライプのアーチが並ぶ。ダニエル・ビュレン《25 porticos》(お台場海浜公園)

 お台場海浜公園の集合住宅の谷間を抜け、25のストライプのアーチが海まで続くのが、フランス人のコンセプチュアル・アーティスト、ダニエル・ビュレンの作品《25 porticos》(1996)だ。

ダニエル・ビュレン 25 porticos 1996

 本作は、2色のストライプで彩られた鳥居のようなオブジェが整然と並んでいるもの。上り坂では緑と黄色、下り坂では緑とオレンジ色のストライプが交互に使用されており、両端は鏡のような壁に囲まれている。1960年代前半に活動を始めたビュレンは、幅が8.7センチに統一されているストライプを描き続けてきた。86年にヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞、07年には第19回高松宮殿下記念世界文化賞の絵画部門を受賞するなど、世界的にも高く評価されている。なお新宿アイランドでは、ビュレンがストライプを使用した作品《From One Place to Another From One Material to Another Passages In and Out Work in situ, Shinjuku-Tokyo》(1993-94)も設置されている。

住所:東京都港区台場1-5-3

幾何学的な彫刻に人間の横顔が隠れる。トニー・クラッグ《ファナティックス》(東京ミッドタウン)

 清水敏男とジャン=ユベール・マルタンがアートディレクターとなり、世界で活躍するアーティストを選定して数々のパブリック・アートをプロデュースした東京ミッドタウン。彫刻家・安田侃によるメインアートである《意心帰》と《妙夢》のほかに注目したいのが、イギリス人の彫刻家トニー・クラッグの作品《ファナティックス》(2006)だ。

トニー・クラッグ ファナティックス 2006

 クラッグは、日常の道具や自然の物など素材の形態や機能に着目しながら、人間と自然の関係をテーマにした作品を制作。1970年代後半からプラスチックやガラス、合板などの素材を使用し、人物や道具などを連想させる作品を発表。80年代には「ニュー・ブリティッシュ・スカルプチュア」をリードし、ターナー賞などを受賞してきた。本作は、楕円形とその断面からなる幾何学をベースにしたもの。色々な角度から見ると、いくつかの人間の横顔が隠れているので、じっくりと鑑賞してほしい。

住所:東京都港区赤坂9-7-1

都会に「雲」が出現。レアンドロ・エルリッヒ《Cloud》(飯野ビルディング)

 金沢21世紀美術館の常設作品《スイミング・プール》や、森美術館での大規模個展「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」、あるいは大地の芸術祭瀬戸内国際芸術祭などへの参加で知られるレアンドロ ・エルリッヒ。その作品がいつでも見られるのが、霞ヶ関の飯野ビルディングだ。

レアンドロ・エルリッヒ Cloud 2011

 ここにあるのは、「雲」をガラスに閉じ込めた「Cloud」シリーズのひとつ。これは10枚のガラスを重ねることで、「大海原に浮かぶ自由な雲」を立体的に表現した作品。LEDライトを内蔵しており、昼と夜で異なる表情を見せてくれる。なお飯野ビルディングにはこのほかにレアンドロの《The Pond》なども設置。官庁街のほど近くで現代美術を楽しめるスポットだ。

住所:東京都千代田区内幸町2-1-1

大量消費を皮肉る「ゴミ箱」。三島喜美代《Work 2012》(ホテル東横INN品川港南口天王洲アイル)

 東京モノレールの天王洲アイル駅から徒歩5分、ビジネスホテルチェーン「東横イン」の正面玄関前に高2.5メートルの「くずかご」が佇む。それは、三島喜美代の彫刻作品《Work 2012》(2012)だ。

三島喜美代 Work 2012 2012

 三島は、陶器で印刷物や商品のパッケージをつくることで知られているアーティスト。日常生活で消費される大量の紙や、そこに印刷された情報や商標のイメージから触発され、三島は壊れやすい陶を使用し、日用品と情報媒体が生み出す「ゴミ」、そして処理能力の限界からそれに飲み込まれつつある人間社会のあり方、その結果としての環境破壊と生態系への影響に着目した作品を制作。そんな三島の作品を集めた展覧会「KIMIYO MISHIMA Installation:Work 1984-2014」は、大田区にあるアートセンター「ART FACTORY 城南島」で常設展示。そちらもあわせてチェックしたい。

住所:東京都品川区東品川2-2-35

天井から吊り下がる「極楽浄土」。杉本博司《究竟頂》(オーク表参道)

 2013年、表参道にオープンした複合商業施設「オーク表参道」。そのオフィスエントランスに設置されているのが、現代美術作家の杉本博司による彫刻作品《究竟頂》(2013)だ。

杉本博司 究竟頂 2013 (C) Hiroshi Sugimoto / Courtesy of N.M.R.L.

 「究竟頂」とは、京都にある金閣寺の上層階のことで、究極の極楽浄土を象徴する。本作は、数学上の双曲線が無限点で交わる数式を目に見えるように模型化したもの。全長は6メートル。実際に無限点をつくることは不可能なため、先端部を5ミリまでつくり込まれている。無限点は鑑賞者が想像するという構造だ(オーク表参道内、金田中は新素材研究所/杉本博司+榊田倫之が店舗デザインを手がけている)。

住所:東京都港区北青山3-6-1

言語の文字で人間の「ルーツ」を探る。ジャウメ・プレンサ《ルーツ》(虎ノ門ヒルズ)

 2014年に開業し、東京の新しいアートとカルチャーの発信地を目指す虎ノ門ヒルズ。そのオーバル広場に、膝をかかえて座る人間をかたどった巨大な彫刻作品《ルーツ》(2014)が設置されている。

ジャウメ・プレンサ ルーツ 2014

 スペイン人のアーティスト、ジャウメ・プレンサによる高さ約10メートルの本作は、日本語と中国語、アラビア語、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語、ヒンディー語、ロシア語といった8つの言語の文字を使用し、世界の多様性や調和の美しさを表現するもの。また、より自然に近いかたちで作品をつくるため、外側には多くの根を持つ熱帯雨林の木々からインスピレーションを受けたという。なお瀬戸内海の男木島では、プレンサが2010年「瀬戸内トリエンナーレ」のために設計した船の発着場も設置されている。

住所:東京都港区虎ノ門1-23-1

巨大な鹿と歴史的な建築のコントラスト。名和晃平《White deer》(東京ガーデンテラス紀尾井町)

 古来からアニミズムや神道などの信仰を支える動物として親しまれてきた鹿。この鹿を3Dスキャンして制作されたのが、名和晃平の《White deer》(2016)だ。

名和晃平 White deer 2016

 《White deer》の高さは6メートル。ネット上で見つけた鹿の剥製がもとになった本作は、2017年のReborn-Art Festivalでも《White Deer(Oshika)》として発表された。背後にある東京都指定有形文化財の赤坂プリンス クラシックハウス(旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館)とのコントラストも見事だ。なお、東京ガーデンテラス紀尾井町には本作のほか、大巻伸嗣、青木野枝らによる作品も点在しているので、あわせてチェックしたい。

住所:東京都千代田区紀尾井町1−2 

巨大な数理模型が天を指す。杉本博司《SUN DIAL》(大手町プレイス)

 2018年、大手町に開業した新街区「大手町プレイス」。そのシンボルとなっているのが、杉本博司による彫刻作品《SUN DIAL》(2018)だ。

杉本博司 SUN DIAL 2018 (C) Hiroshi Sugimoto / Courtesy of N.M.R.L.

 本作は、杉本がこれまでも手がけてきた、三次関数の数式を立体的に表現した数理模型シリーズのひとつ。作品名が記されたプレートには、本作が示す数式も表示されている。なお都内では、オーク表参道のエントランスにも同シリーズの作品が設置されているので、こちらもあわせてチェックしたい。

住所:東京都千代田区大手町2-3-1および2

 このほか、都内では六本木ヒルズなどの複合施設、あるいはパブリック・アートの集積地として知られるファーレ立川など、誰もが無料で現代美術を鑑賞できるスポットが数多くある。美術館やギャラリーとは異なる空間で、作品が街におよぼす影響や意味などを考えつつ、鑑賞してほしい。