NEWS / EXHIBITION - 2018.7.22

「みんなが見て楽しいものをつくる」。井上涼の展覧会「夏休み!オバケびじゅチュ館」が鹿児島県霧島アートの森で開催中

幼児から大人まで幅広い層に人気のテレビ番組「びじゅチューン!」で知られる作家、井上涼の展覧会「夏休み!オバケびじゅチュ館」が鹿児島県霧島アートの森で9月2日まで開催中。本展のために制作した新作を含め、映像・平面・立体・インスタレーションなど約30点が展示されている。

井上涼 忍者とおばけ美術館 ©INOUE RYO 2018

井上涼 忍者とおばけ美術館 ©INOUE RYO 2018

 井上涼は1983年兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学の卒業制作「赤ずきんと健康」でBACA-JA2007映像コンテンツ部門佳作を受賞し、注目を集める。

 以後、映像やイラスト、漫画、インスタレーション、パフォーマンスなど幅広い制作活動を行い、ポップな画風とユニークなアニメーション、そして独特の音楽など、様々な表現活動により独自の世界を展開。なかでもNHK Eテレの番組「びじゅチューン!」は、子供から保護者まで幅広く人気を集めている。

井上涼 びじゅチューン! 真珠の耳飾りのくノ一 ©NHK・井上涼 2018

 そんな井上の個展「夏休み!おばけびじゅチュ館」が鹿児島県霧島アートの森で開催されている。

 本展では、今回のために制作した新作を含め、映像、平面、立体、インスタレーションなど約30点を展示。井上の世界観を親子で楽しめる展覧会だ。テレビで見ているときとは違う鑑賞体験ができるだろう。

井上涼 びじゅチューン! 風神雷神図屏風デート ©NHK・井上涼 2018