NEWS / EXHIBITION - 2017.12.23

鈴木賢二の回顧展がゆかりの地、
栃木で開催。版画家、彫刻家として昭和の人と時代を描く

栃木県立美術館で、栃木市ゆかりの版画家・彫刻家、鈴木賢二の没後30年を記念した回顧展が開催される。会期は2018年1月13日〜3月21日。

鈴木賢二 女 1959 紙、木版 鈴木賢二版画館 如輪房蔵

鈴木賢二 女 1959 紙、木版 鈴木賢二版画館 如輪房蔵

 鈴木賢二(1906〜87)は栃木県下都賀郡栃木町(現・栃木市)生まれの版画家・彫刻家。東京美術学校(現・東京藝術大学)彫刻科入学後、プロレタリア美術運動でのマンガやスケッチを発表し、栃木帰郷後には彫刻家として活動したほか、工芸、エッチングでの作品制作も行った。戦後には、社会運動に関わる木版画作品を制作。北関東の戦後版画運動の中心を担うなどその活動は多岐にわたる。

鈴木賢二 見つめる 1962頃 紙、木版 鈴木賢二版画館 如輪房蔵

 制作の中心に据えられた市井の人々への眼差しは、戦前戦後を通して変わらず、農村に生きる人々、都市労働者、そして子どもたちの姿をいきいきと描き続けた。本展では、鈴木賢二版画館 如輪房の所蔵作品を中心に版画、彫刻、工芸、資料など約350点を紹介。昭和の時代を駆け抜けた、栃木ゆかりの芸術家の姿を回顧する。