EXHIBITIONS

ダグ・エイケン:アイ・アム・イン・ユー

2021.04.29 - 11.23

Doug Aitken, i am in you, 2000, Installation view: Galerie Hauser&Wirth&Presenhuber,Zürich,2000 ©Doug Aitken, Courtesy of the artist; 303 Gallery, New York; Galerie Eva Presenhuber, Zurich; Victoria Miro Gallery, London; and Regen Projects,Los Angels

Doug Aitken, i am in you, 2000, Installation view: Galerie Hauser&Wirth&Presenhuber,Zürich,2000 ©Doug Aitken, Courtesy of the artist; 303 Gallery, New York; Galerie Eva Presenhuber, Zurich; Victoria Miro Gallery, London; and Regen Projects,Los Angels

 金沢21世紀美術館では、ロサンゼルスを拠点とするアーティストのダグ・エイケンによる作品《アイ・アム・イン・ユー》を特別展示する。会期は4月29日~11月23日。

 エイケンは、1968年アメリカ・カリフォルニア州レドンドビーチ生まれ。アート・センター・カレッジ・オブ・デザインを修了後、94年にニューヨークへ移住する。現在、ロサンゼルス在住。99年のヴェネチア・ビエンナーレでは、8画面からなるヴィデオ・インスタレーション作品《Electric Earth》で国際賞を受賞。映像、写真、彫刻、建築的介入からサウンド、インスタレーション、映画まで多岐にわたる作品を手がけることで知られており、ホイットニー美術館やニューヨーク近代美術館、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーやパリのポンピドゥー・ センターなど、各国の主要な美術館で個展を開催している。

 本展では、金沢21世紀美術館の所蔵作品のなかから《アイ・アム・イン・ユー》を紹介する。

《アイ・アム・イン・ユー》は5つのスクリーンで構成された映像インスタレーション作品。アメリカ郊外の日常的な風景のなかで、人間、自然、人工物、幾何学的な図形といったイメージが少女のささやく声や手拍子のリズム、ピアノの旋律に合わせて軽快に重なり、見る者を幻覚のような映像の流れのなかに引き込む。

 物語に明確な輪郭がないまま断片化した映像が反復的に繰り返されるうちに、そのとらえようのない流動状態の力と速度が身体的に経験され、鑑賞者は映像と音の渦中を彷徨いながら作品を体感することになる。

 本展は、映像インスタレーション《アイ・アム・イン・ユー》のダイナミズムを、金沢21世紀美術館の大空間で体感できる貴重な機会となる。