EXHIBITIONS

IWAKAN MAGAZINE LAUNCH EXHIBITION

bookshop / gallery タタ
2020.10.16 - 11.01

雑誌『IWAKAN』1号(特集「男女」) © IWAKAN All Rights Reserved

雑誌『IWAKAN』1号(特集「男女」)より © Runurunu All Rights Reserved

雑誌『IWAKAN』1号(特集「男女」)より  © Progressive Genitalia All Rights Reserved

雑誌『IWAKAN』1号(特集「男女」)表紙 © IWAKAN All Rights Reserved

 雑誌『IWAKAN』(REING)の創刊を記念した展覧会が、東京・高円寺の書店「タタ」で開催される。

 親や学校、会社、メディアから投げかけられる「常識」。『IWAKAN』は、「それって本当にそうなのかな?なんでなんだろう?」という「常識」に違和感を抱く人たちに寄り添う雑誌。今年10月に創刊となる『IWAKAN』は、人々が抱いている違和感に100点の答えを出すのではなく、人々とともにに考え、新たなあたり前をともに創造し、提案していきたいと考えている。
 
 同誌1号の特集は「男女」。 「男性は、いつも勇敢で、積極的で、自信満々であるべき」「女性は、いつも謙虚で従順で、恥じらいを持っているべき」といった、旧体制的な男女の枠組に違和感を感じる人たちに寄り添うため、創刊号で『IWAKAN』の考え方に共感する国内外のアーティスト、クリエイターが参加し、ともに雑誌をつくり上げた。

 参加アーティストは、Runurunu、Progressive Genitalia、Edo Oliver、Clement Dezelus、Allanah Starr、Cally Tan。編集は、Edo Oliver、Jeremy Benkemoun、Kotetsu Nakazato、Yuri Aboの4名が担当し、デザインはNaoko Fukuoka(woolen)、Mai Saiki、An Hsuが手がける。

『IWAKAN』の創刊を記念する本展では、同誌1号に収録される作品の原画をはじめ、会場でしか見ることのできない映像作品やアザーショット写真などを展示。会場にて『IWAKAN』1号の閲覧や購入も可能だ。