EXHIBITIONS

小畑多丘「Opposite Effects」

小畑多丘 untitled 2020 © Taku Obata Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

小畑多丘 untitled 2020 © Taku Obata Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

小畑多丘 untitled 2020 © Taku Obata Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

小畑多丘 untitled 2020 © Taku Obata Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

小畑多丘 untitled 2020 © Taku Obata Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

「B-BOY(ブレイクダンサー)」の木彫を軸に作品制作を行う彫刻家・小畑多丘の個展が開催されている。

 小畑は1980年埼玉県生まれ。2008年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。自らもB-BOY(ブレイクダンサー)として活躍し、99年にヒップホップチーム「UNITYSELECTIONS」を、2007年に「HIPHOP戦隊BBOYGER」を結成する。

 小畑はB-BOYの経験を生かし、その身体表現技術や躍動を彫刻作品で表現。台座の無い木彫による人体と衣服の関係性や、B-BOYの彫刻を端緒に生まれる空間を追求することで、緊張感と迫力にあふれる作品を展開している。

 本展は、彫刻家が自由に描く、平面のためのドローイングをメインに構成。会期中に展示替えを行い、キャンバスペインティングとドローイング作品(6⽉4⽇〜6⽉13⽇、6⽉18⽇〜6⽉27⽇)、木彫作品と新作シルクスクリーン版画、手彩作品(7⽉2⽇〜7⽉11⽇)を3期に分けて展示する。