EXHIBITIONS

第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

第22回岡本太郎賞 檜皮一彦 hiwadrome: type ZERO spec3

 時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。「岡本太郎現代芸術賞」は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立された。

 23回目を迎える今年の本賞では、452点の応募のなかから、浅川正樹、井上直、大石早矢香、大小田万侑子、桂典子、小嶋晶、笹田晋平、佐藤圭一、澤井昌平、そんたくズ、高島亮三、根本裕子、野々上聡人、春田美咲、藤田淑子、藤原千也、本濃研太、松藤孝一、丸山喬平、水戸部春菜、村上力、村田勇気、森貴之の23組が入選(50音順・敬称略)。

 最終審査を経て2月13日に授賞式を行い、野々上聡人が岡本太郎賞を、根本裕子が敏子賞を受賞。特別賞には、澤井昌平、藤原千也、本濃研太、村上力、森貴之の5名が選ばれた。

 本展では、21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品が一堂に展示される。