EXHIBITIONS

集合の魂たち

草間彌生美術館|10.09 - 01.30

草間彌生 文字の集積 1961 © YAYOI KUSAMA

草間彌生 少女たちの夢 2016 © YAYOI KUSAMA

草間彌生 水玉強迫 1999(草間彌生美術館でのインスタレーションビュー、2019) 1999 © YAYOI KUSAMA

 草間彌生が1961年から制作する、同一物を反復した「集積」あるいは「集合」と題したシリーズは、ステッカーといった日用品のコラージュによる平面作品に始まり、その後、布に綿を詰めた柔らかい突起物を家具などに無数に貼りつけたソフト・スカルプチュアのシリーズへと展開していった。以降、草間は現在に至るまで多様な「集積」作品を発表し続けている。

 本展では、「集合」シリーズの最初期の作品と当時の写真・資料を展示。絵画と彫刻の境界を軽やかに乗り越え、幼少時に体験した幻覚や性・機械文明における食に対する強迫観念を作品化したシリーズの変遷をたどる。

 あわせて、90年代後半から積極的に展示している巨大化したソフト・スカルプチュアであり水玉の集積であるバルーンのインスタレーション《水玉強迫》や、最新作「わが永遠の魂」における「集積」のバリエーションの現在形も紹介し、草間が人生を賭して取り組み続ける集合の魂たちを見せる。